« 2006年10月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月の1件の記事

2007/01/01

新年快楽とデジカメ大判プリント

二ヶ月半ぶりの更新は新年の挨拶ですが。

昨年のフライト実績は70回 でした。内訳は、スタアラ:63回(内,特典旅行4回)で、プラチナポイント 83,437。
その他(JL/中国ローカル):7回。
9月まではかなりのペースで100回も夢ではなかったのですが、最後の三ヶ月が殆ど東京でしたのでこの結果でした。

今年の見通しは、昨年並みの予定で、初フライトは来週8日のシカゴ経由ラスベガス行きになります。
トランジットだけとはいえ、シカゴは寒そうだな(遠い目)。

ーーーーーーーーーーーーー
年末にデジカメの大判プリントを試してみた。オンラインラボ(旧コニカミノルタ)の匠プリント。
http://takumi.onlinelab.jp/

通常のプリントのみ(A2を2枚)と木製パネル付きプリント(全紙1枚)の2つをテスト。前者はキャンペーン中ということで「クリスタル」を、後者は「微粒面」仕上げ。

いずれも、オリジナルデーターから400dpi変換した「400dpiリアルサイズ」 で発注しました。

使用機材は OLYMPUS E-300 とPanasonic Lumix DMC-LX1。
データーは前者はJPGデーターとRAWから変換したJPGで、サイズはA2と全紙。
後者はJPGのみで、A2サイズのなかに、A3を1枚とA4を2枚を配置したもの。
(後者のデーターではA2や全紙への大伸ばしはちょっと無理だろうと判断した為)

で、途中経過を書くとながくなるので省略しますが結論を箇条書きに。

(1)時期的にデーター転送で数日にわたって注文できなかった。
  (転送できない、サーバー負荷かかりすぎ)

(2)クリスタルで仕上がりで明らかにNGだったので1枚は再プリントになってしまった。

(3)最終結論としての仕上がりは文句なし、個人的には「クリスタル」より「微粒面」がベターです。

(4)クレーム対応含めよくやってくれました。

(5)日本はスペック至上主義みたいのがありますが、デジタル一眼レフで個人鑑賞なら500〜800万画素あれば全紙やA1程度までは十分実用域(ワタシはOLYMPUS なので映像素子は4/3サイズです)。

あと気になっているのは、「オンラインラボ」は平たく言うと「コニカミノルタ」から「キタムラ」へ事業譲渡されたのですが、最近キタムラの店頭サービスでも「クリスタルプリント」が出来るようになった点。
http://www.kitamura.co.jp/print/digitalcrystal.html
両方の説明を見ると、プリントそのものは同じものだと判断できる。

「オンラインラボ」はその名の通りすべて「オンライン」なのと「様々な付加サービス内容」で顧客層の選別と棲み分けが出来ているのだと思うのだけど、素朴な疑問として、「キタムラ」で受け付けたデーターも「オンラインラボ」でプリントしているのだろうか?

「キタムラ」は納期1週間程度なので、その可能性は有り、「オンラインラボ」の場合、配達完了まで3〜4日。

だからなんだと言われても困るのだが、純粋に「クリスタルプリント」だけが欲しく、近所に「キタムラ」があり、店に出向く事に問題がない方は、「キタムラ」の方が送料掛からない分だけお得ですって事ですな。

私の場合は、忙しすぎるのでとにかくオンラインに限ります。
以下の写真は、今回の話とは直接関係ないのですが昨年のうちのお嬢の七五三写真です。

Pb191753

記念写真のスタジオで、祖父の御髪をなおしてあげる娘。

Pb191700

昨年撮った唯一の秋写真。

Pc021812

お正月でまったりDS三昧のお嬢様、2歳6ヶ月。

Pc311845

今年は他社に遅れる事半年〜1年で、OLYMPUSの新機種投入が日本でも計画されており当面はその新機種購入貯蓄に励みたいと思います……。

EUではすでにE-400が先行投入。E-1 後継機を狙っているのですが E-400 にライブビューがついたら心が揺れますな。

とはいえ、E-400 の良さはその小ささと軽さなので「うーむ」って感じですが「サブ機」なら……とか。
といいつつ、サブ機としては DSLRではなく、RICOH のGR DIGITALに惹かれまくっています(笑)。

--- 子供写真ランキングに参加してます ---
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2005