« 2007年6月 | メイン | 2007年8月 »

2007年7月の4件の記事

2007/07/19

「中国的官民交流会」と「完全自動包装」に思う「肉まん問題」への考察。

またまた中国に来ているわけですが、今日の今日で区の官民交流会に出席してくれと部下に頼まれ行って来ました。
区政府(中共)のエライ人の話しが3人くらい続いた後に、区の救急救命センターへ寄贈される救急車の贈呈式。
やたらと拍手をするスピーチやらなんか緊張感がない式典とか、有る意味中国を満喫。

Kye

で、この後寄贈された救急救命センターのエライ人の話しやら贈る側の話しが4人ほど続きまして、みっちり小一時間後にやっと会食。
乾杯攻勢と区政府の偉い人の営業(挨拶)で名刺交換。部下からは、こういうときに「会社運営上の様々な問題を「なんでもいいから相談して交流してください」と言われていたのですが(遠い目)、面倒なので挨拶だけでやめました。

で、下の写真が、寄贈された救急車5台。
真ん中に写ってるのはうちの会社(中国)の部下、いやがるのを無理やり立たせて撮りました。

120

話は変わって中国料理偏、今回は出先で食べたランチ、メインはお粥です。
味と食感は日本人でも問題なしですが、写真のから受けるであろうイメージよりは美味しくないです(きっぱり)。

003

可もなく不可もなく、でも日本での食事と比較さえしなければ「美味しい」です。

001

最後はその店ので使われている箸。
「完全自動包装」「紫外線殺菌」と書いてあるのですが、使う前からしっかり袋は開いています。
すぐに食べたい人に袋を開ける手間を省くユーザーへの配慮か?(そんなわけはない)

ちなみに、一緒においてあった他の袋も全部見てみましたが、全部開いてました。
箸は、一応使った痕跡は無かったように見えましたが。

Open

OLYMPUS E-410 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-F3.5

「完全自動包装」 「紫外線殺菌」

まぁ、大体はそんなもんです……ええ。

そんなわけで「ダンボール入り肉まん」にも対して驚きません。
中国に出かけるようになった直後から、なんとなーく全てにおいてそんな予感はしていたので、どんなに旨いと勧められても「練り物」だけは極力口にしない主義です。

確かに美味しいのは美味しいのだけれども、ね。

2007/07/08

The PoliceのReunion.

もうずーっと忙しすぎて気にしてられなかったのですが、The Police の Reunion。
ふとYouTube で 観たり、関連情報を調べたりしていたのであるが Asia Tour も来年2月ぐらいだとか。

P7080033


すっかりオッサンになった Stewart が(年甲斐もなく(笑))相変わらずハイピッチチューニングのタイコでグルーブして、Andy が良く聞いてないと何のコードをなのかわからないギターを弾き(ソロよりもコード弾きやアルベジオが最高に良い) 、Sting が Bass を弾きながら Stewart のタイコに絡みながら歌っているのを見ると、やはりがぜん気になりはじめました。

Sting はソロでも The Police のナンバーをコンサート等で良く歌っていたのですが、ソロの初期(バックが O.Hakim - D.Jones - K.Kirkland - B.Marsalis)の頃を除いて、個人的には正直ファンサービス的にしか感じられなかった。
その後も「ものすごく上手な人たち」をバックにソロ活動を続けた Sting だったけれども、「Mercury Falling」から全く体に合わなくなった。

彼の求める音楽が僕の聴きたいものではなくなってしまった。Sting といえばむしろソロ後半のほうがお馴染みというファンも多いかもしれないけども。 それでも、 Reunion した The Police で歌う彼はベーシスト兼ボーカリストとして文句無くカッコイイ。

ちょと走って煽る Stewart も最高だし、あいかわらず黙々と「我がハーモニー」を手探りする Andy も堪らない。
歳を取った分だけちょっと大人なサウンドになった気がするけど、基本的には 3人ぽっきりで奏でる 明らかな The Police のサウンドとグルーヴだ。

そんなわけで、YouTube 程度でこれだけ凄いと思ってしまったのだから、 来年頭に予定されている Asia Tour にぜひ参戦したいと思う。 ホントはU.S.出張のついでに参戦!というのがベターなのですが、日程的にちょっと合いません。
当面は YouTube から落としたファイルをせっせと iSquint でiPod 用に変換して愉しむ事にします。

写真と本文は全く関係ありません。


--- 子供写真ランキングに参加してます ---
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

2007/07/04

3元ランチと中国的披露宴とか

出張時、工場にいるときは大体いつも3~5元のお弁当(ご飯+おかず+スープ)を食べています。
前回は1日しか工場で昼食をとらなかったのですが、↓これは初めて食べました。

Lunch2

いささか麺が柔いのがちょっとアレですが、味はまずまずでした。

Lunch1

社員の披露宴にも参加しました。
中国では新郎新婦が客全員を会場入り口で待っています。
そして皆がそろわないと、披露宴は始まりません。

Mrg1

まぁ、中国でも地域によって違いは有るかと思いますが、大体同じでしょう。
ちなみに、中国といっても少し田舎なあたりなので、披露宴にくる日本人は珍しいらしく皆の視線が気になりました(笑)。
とはいえ、「外国人」が披露宴に出席してくれるのは、新郎新婦にとっては「面子」が恨好なのでまぁいいか。

Mrg2

で2時間弱待たされた後、披露宴開始。
ウエディングマーチで入場(歩くのはやい)後、司会屋が15分くらい二人の馴れ初めやら人柄を語ったあと、「んじゃこのへんで披露宴の宴会開始!」みたいな合図で、あとはみなひたすら飲み食いです。
この後は一切視界とかは無し、出し物とかもありませんでしたがお色直しは2回してました。もちろん日本みたいに司会者が教えてくれるわけも無く気がついたら服変わってるジャンみたいな。

この後、出席していた社員たち約20人と一人づつ白酒で乾杯しまして、ホテルに着いたらバタンキュー(死語)で、寝返り打ったら翌朝でした。

2007/07/01

保守更新

ちょっと油断すると一ヶ月ちかく経過してますな。
というか仕事忙しすぎだよ。

写真は撮ってますが、なぜか子供の写真と仕事の写真ばかりです。
一つには梅雨のせいもありますが、昨今カメラを持って街の風景を気軽にスナップ撮影はなかなか難しいです。
観光地ですら文句言われたりするので、なんだか嫌な世の中です。

おまけに仕事の写真は大概は「不良品の写真」ばかりで、いろいろな意味で面白くありません(笑)。

そんなわけで普段と趣向を変えて一枚。
今回の中国出張で宿泊したホテルのロビーで演奏していました。

P6250014

楽器の名前を忘れましたが、見ての通りの楽器でおそらく皆さんの想像通りの音がします(なんといい加減な)。
チト手振れ&構図が変ですが、まぁいいや。

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2005