« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月の2件の記事

2007/10/13

「やれやれ。」あるいは「中国行きのスロウ・ボート」

 その日僕は中国の田舎の食堂にいて、「極めて食事的なチャーハンとスープ」を事務的に胃の中に放り込んでいた。
店の外は~店といっても学園祭の模擬出店をコンクリートで永遠に塗り固めて進化も後退も無いような感じの店~行き交う若者達の怒鳴り声や車のクラクションが鳴り響いたのだが、そんな喧騒とは裏腹に、その場の空気は老人の手の甲のように、すっかり水分が抜けてしまったかのような、かろうじて秋を感じられる陽だまりだった。

Pa100947

OLYMPUS E-410 + ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro

 僕は「極めて食事的なチャーハンとスープ」を胃の中に送り込む行為を終え、何のためらいも無く「模擬出店」のプラスティックの椅子に腰掛けたままタバコに火をつけ、煙を陽だまりの中に燻らせ、かろうじて聞き取れる程度の小さな声でその場にふさわしい言葉を呟いた。

「やれやれ。」

 その瞬間、僕はなんだか昨日まで日本で過ごしていた空間から、実際の距離以上に随分と遠くに来てしまったように思えた。たかだか飛行機で4時間半の距離だ。「海外出張」という言葉にイメージよりも平仮名を意識したほうがよほどしっくりする、「かいがいしゅっちょう」。

 ここに来る前、公私ともども色々とやっかいな問題を抱え込んでいた僕は、日本に居た2週間のあいだ特に力を抜いて仕事をし、極力のんびり家族と接するように自己療養の手段として心がけていた。にもかかわらず、じっさいに問題の仕事の最前線に来てからというもの、メンタルな部分であとからじわじわ効いてくるボディーブローのように、かなりのダメージを受けている事を思い知らされた。

2週間の自己療養は療養のように見えて、実は問題の本質からただ逃げまわっていただけだったのだ。
しかも逃げ切れずに、気が付けば全く音を立てずに暗闇を移動する路地裏の野良猫のようにそれは僕の背中の後ろにぴったりとくっついていて、最前線で一服したその瞬間に襲い掛かってきたのだった。

僕は久々に「引き伸ばされた袋小路」でブルーの真っ只中にいた。そいつは僕が飛行機でやってきた跡を辿って来た様に見えたが、実は僕が自己療養をしていた2週間のあいだに、スロウ・ボートに乗って先回りして僕がやってくるのをじっと待ち構えていたのだ。
あるいは最前線でずっと待っていたのかもしれない。コンクリートで永遠に塗り固めて動けなくしてしまった「模擬店」の中で、僕が胃袋を満たすために立ち寄ることを知っていたに違いないのだ。

僕は吸い終えた煙草を、ドライバーでネジを確実に締めつけるように消し、もう一度声に出して言ってみた。

「やれやれ。」

けれどもそいつはまったく動じることなく、僕を「引き伸ばされた袋小路」の奥の奥へと追い込もうとしている。
あと一週間、僕は問題の最前線で黙々と決められたステップを踏みながら仕事をしなければならない、それは「かいがいしゅっちょう的雪かき」のように淡々と。そうすることによってしか、僕は袋小路から逃げ出すことはできないだろう。

いや逃げるのではなく袋小路の中から僕自身を取り戻さなければならないのだ。「ことば」を覚え始めた幼児が、1音節から2音節、3音節と単なるボキャブラリーからセンテンスへと変わっていくように、黙々と、しかし確実に、日々成長するように。

残念ながら、僕にはまだ羊男の声は届かない、電話の配電盤もまだ見つからない、上手く繋げられない。

「オドルンダヨ。オンガクノツヅクカギリ。」

さてさて。

2007/10/04

火事@中国と肉とネコと打ち水の話。

中国での主力外注の塗装ラインが火事になってなってしまい操業停止状態。

火災直後に現地入りして確認しましたが、私がこの工場の経営者だったら倒れますな。
原因は漏電、早朝に発生した為人身災害がゼロだったのが不幸中の幸い。

(早朝に発生したので、発見が遅れて塗装ラインの建物全焼ですけどね……)

幸いにしてウチの商品在庫や生産ラインには影響がない(塗装は別棟の専用ライン)のだが、消防当局からの操業再開OKが出ないので、かれこれ3週間弱ウチの工場も止まってます。
タイミング悪く、中国は国慶節で全てのものが先週末から今週はほとんどお休み。
火事になった外注は今日から事務方の業務は再開していますが、新しい情報は何も入ってきません。

P1010007
Panasonic LUMIX LX1

良いのか悪いのか、時間が出来たので写真を整理したり Fotopus に投稿したりしています。
先週末は実家に用があり、ネコの写真を撮ったり宮崎/鹿児島の食材(主に単価の高い肉、費用実家持ち(汗))を調達したりしました。

112768
OLYMPUS E-410 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-F3.5

112769
OLYMPUS E-410 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-F3.5

それにしても暑いですね鹿児島/宮崎は、中国より暑いです、ええ。
霧島あたりは涼しそうですが、どうなんでしょうか。母親の別荘を霧島に建てる予定があるのですが、これもなかなか進められません(主に私が忙しすぎて設計が遅れているのが原因ですが(遠い目))。

下の写真は、真夏日にアパートの階段で打ち水をする女帝です。文字通り「焼け石に水」状態だったんですが、本人は楽しそうだったのでまぁ良いか、と。

112767
OLYMPUS E-410 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-F3.5

Fotopus に投稿中、お気に召しましたら「ぽちっとな」していただけるとありがたや。

112766
OLYMPUS E-410 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-F3.5

来週の頭から2週間弱の予定で再び中国入りして、対応と情報収集を行いますが状況を理解してくれているお客さんもそろそろ痺れを切らすころ。

とはいえ、我々サイドでは誰もコントロールできない状況なので歯がゆいばかり。

はぁ……。


--- 子供写真ランキングに参加してます ---
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2005