« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月の3件の記事

2007/11/17

E-3 発注完了

来週から中国出張なので、先ほどポチっと発注ボタンを押した。
OLYMPUS E-3

発注金額はオリンパスオンラインショップ価格の ¥199,800 からプレミア会員割引 5%でまず¥189,810.-。
それに オンラインショップのポイント利用 ¥21,016で、¥168,794.-でした。

オリンパスのオンラインショップは、計算上支払い金額の15%までポイントが使える(¥28,472 = ¥161,338.-になる!)のだが、あと 7000 ポイント集めるには時間が足りないのでこの辺でいいかと判断した。

価格.com で今日現在の最安値は¥179,938.-
秋葉原エレクトリックパーツで¥168,500.- で予約入れた人も居る。
ただこれならばうちから秋葉原往復の電車代まで入れて計算すれば自宅まで無料配送してくれるオリのオンラインショップの方が6円安い(笑))。

予約買いならまぁそこそこ良い値段で買えたのではないかと思う。
あとはいつ届くのかだが、E-410 の時と同じ構図だとすれば、オンラインショップで発売日(23日)直前の今日現在も予約を受け付けているからには、さほど待たされる事はないだろうと思う(多分)。
E-410 の時は、発売日後の予約からは、たしかオンラインショップでもしばらくの間は1〜2ヶ月待ちになったはずだ。

ちなみに、11月末を持って正式に定年退職する父親は、NIKON D300 AF-S DX VR18-200G L-kit を先日発注したと連絡してきた。
NIKON D300 AF-S DX VR18-200G L-kit 価格比較
発売日は同じ23日です、どっちが先に届くのか。

2007/11/10

OLYMPUS E-3 買う!

仕事が忙しすぎてブログでは触れずにいたのだが、先日小川町のオリンパスプラザで実機を触ってきた。
本当は体感フェアに行くつもりだったのだが、人ごみが嫌いなのであえていかなかった。小川町のプリプロ品で十分だ。
とはいえ、量産機とはいろいろ違うのだけれども結論から言うと E-410 の時と同じだ、触らなきゃ良かった。

OLYMPUS E-3 (America)
E-3 PV

予約こそまだしていないが、結局買うのだ、やれやれ。
オリンパスのオンラインショップのポイントとプレミア会員割引5%を駆使しても現時点で出回っている最安値(16万円台)には少し届かないので、せっせと Fotopusトラベルフォトミュージアムに投稿してポイントを稼いでいる(1枚投稿して採用されれば100円だ)。

「値崩れするまで待てば?」と言う声も聞こえてくるのだが、こういうものは嗜好品であるからして「欲しい!と思った時」が買い時なのだ、安かっただの高かっただのはあまり意味がない(全くない訳ではないので、ポイントをせっせとためているのですが)。

------------------------------------------

オリンパスの「フラッグシップ」は他社の「プロ機」と比較され「プロ機じゃない」などと揶揄される訳であるが、35mm 銀塩一眼レフの代替えとして、4/3 規格を提唱し理にかなったシステム構築をオリンパスは続けている。

実際のところ、このオリンパスのフラッグシップモデル(=プロ機)は価格帯や性能が同等とされる他社中級機のカテゴリーにくくられてしまう訳だが、それでもやはり「デジタル専用設計」の思想はたとえ入門機の E-300 や E-410 を使っていると毛色が違っているのを感じるし愛着もわいてくる。
実際、 Yodobashi あたりでライバル機とされるカテゴリーの商品を殆ど全部触ってから E-3 を触りにいったのであるが、やはり違うのだ。

------------------------------------------
「安ければ良い」「カタログ値が凄い」「みんなが持ってる」「メジャーである」と言うのは僕の中ではあまり意味がない。自分が試してみて納得出来るものでなければ。

価値観というのは人それぞれなのだけれども、大事なのは自分が求めるものは何なのかをハッキリ理解した上で選択する事だと思う。もちろん、資本主義経済下に居る我々は「売れなければ」意味が無いのだけれども。それでも開発費をペイ出来て少しでも利益が出れるのであれば、「明確な思想」に拘った独自性のある商品と言うのは作り続けるべきではないかと思う。少なくともそれを求める消費者が居る限りは。

こういう事を書くと「良いものは売れるからメジャーで安くなって皆が持っている、だから売れてないものは駄目なんだ」的なことを言う人が殆どだと思う。
まぁそういわれて、「間違ってはいないと思う」部分がある。でもそれは「メジャーになっている価値観の押しつけ」ではないか?別にカメラに限った話ではなく、全てのモノに言える事だけれども。

そう言う意味で、今の所 「35mm 銀塩一眼レフ」 の代替えとして僕に一番しっくりくる「デジタル一眼レフ」は、やはり OLYMPUS の製品だし、そういう製品を作り続けてくれる会社に今後も期待したい。

2007/11/04

上野動物園デビュー

3歳にしてやっとこさの上野動物園デビューとなった美雨さん。実は最寄り駅まで徒歩6分、その後山手線で6分(京浜東北線の快速なら4分)という位置に住んでいながら一度も行ってなかったのだった。

Pa280103

OLYMPUS E-410 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F3.5-F5.6


動物達を観て、どういう反応をするかと思っていたのだが、動物園ガイドに掲載されている動物でなければ興味を示さず、掲載されている動物が現れると「(ガイドの写真を指差しながら)あったねー、これ」とはしゃぐ。
同じものを探すゲームではありませんけど……。

しかし休日の上野は大変です、動物より人の数の方が多いというより人を掻き分けて歩くみたいな。
近くに住んでいても、これが大変で行かずじまいになってしまうのでした。


--- 子供写真ランキングに参加してます ---
にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2005