« フォトコンテスト応募 | メイン | 水遊び(1) »

2008/08/05

「マイクロフォーサーズシステム」

four-thirds.org
・マイクロフォーサーズのベネフィット
http://www.four-thirds.org/jp/microft/

www.olympus.co.jp
オリンパスイメージングと松下電器
フォーサーズシステム規格の拡張規格「マイクロフォーサーズシステム規格」を策定
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2008b/nr080805fourthirdsj.cfm

ファインダーを捨てて Live View 撮影専用となる模様、E-330 の後継機はこれで来る?

four-thirds.org のフラッシュに出てくる 4:3 / 16:9 が意味深ですなぁ、Micro four thirds 規格はデフォルトでそういうことなのかしらやはり。
1:1 のスクエアも撮れるようになると面白そう。

追記:Micro four thirds のホワイトペーパー(規格概要)にハッキリ書いてありました。

 ●マイクロフォーサーズシステムのアスペクト比対応
 将来の動画対応も見据えた16:9 のスペクト比も包括
 イメージサークルに対して記録や処理が可能な矩形の水平方向と垂直方向の長さの比をアスペクト比(有効画素対角長)と呼ぶが、
 マイクロフォーサーズでは将来の動画対応も見据えて、フォーサーズ規格が定める4:3、3:2、16:9 を含む撮影画面サイズに対応させている。

1:1は無いみたいですが、4:3だけではなく、3:2 / 16:9 もデフォルトですね、Pana からのテクニカルフィードバックですな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/190274/15058228

「マイクロフォーサーズシステム」を参照しているブログ:

» [新技術]オリンパスと松下、デジタル一眼の新規格「マイクロフォーサーズ」を策定 (ブログ検索ニュースBLOG)
 オリンパスイメージングと松下電器産業 は8月5日、デジタル一眼レフカメラシステムの新規格「マイクロフォーサーズシステム」を共同で策定したと発表した。オリンパスが中心となり提唱してきたデジタル一眼レフカメラシステム「フォーサーズ」を拡張したもので、カメラの小型・軽量化を狙う。【写真入りの記事】  フランジバック(マウントとイメージセンサーの間隔)をフォーサーズシステムの半分に短縮。マウントの外径も約6...... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2005