« 2010年2月 | メイン | 2010年5月 »

2010年3月の2件の記事

2010/03/20

オリンパスの店頭POPに採用されるの巻

そういえば、月初めに中国に出張してた時にオリンパスからメールが届いて、Fotopusに投稿してある写真2枚を、ビックカメラのオリンパスの売り場で店頭POPに使わせて欲しいとの事。

いつからどんな風にというのは、後日メールを頂けるらしい。

ちなみに、これ↓(見辛くてアレですが)

000

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
--- 子供写真ランキングに参加してます ---

平成二十一年度卒園式PTA会長祝辞

2011/03/21追記
今年度の祝辞もアップしました。
http://jake.synapse-blog.jp/blog/2011/03/post-d244.html

今年は例の地震もあって、原稿は難しいですね。
延期になったところもあると思うので、良かったらご参考まで。

参考にさせていただいた方、コメントもらえると嬉しいw


2011/02/26追記
今年もこの時期がやって来て、挨拶原稿に悩む方からのアクセスが急増してますこのエントリーw
打ち合わせなしで、園児に歌わせるってのは自分も泣く可能性が高すぎるので要注意ですよw

********
明日20日、娘の通う幼稚園の卒園式だ。

娘はまだ年中でなので卒園は来年なのだが、PTA会長なので出席して祝辞を述べなくてはならない。
普段の園の行事でも会長挨拶として何度か話をする機会があったのだけれども、これまで一度たりとも事前に話す内容を決めた事はなかった。

その場の雰囲気と、必ず会長の前に挨拶をする園長の話を聞いた上で、
マイクの前に立って話しながら考えるというのが多かった。
ありきたりの挨拶をするのが嫌だというのもあるけれども。

だって、自分が子供の頃どうだったか考えてみれば、聞いていてつまらない話は聞かなかったもんな。
そんなわけで、基本的にはいつも園児達に呼びかけ、挨拶や返事をさせると言う話の仕方をして来た。

でもさすがに卒園式でも、そのノリでは失礼かなとも思い、朝目覚めて骨子を考え、仕事前にざっくり大筋を書いて、昼休みと終業後の30分(正味一時間)で原稿を作ってみた。

ゆっくり読んで、6分強。
園児にとっては若干長いかもしれないが、子供達がこの話から何かしら感じ取ってもらえたらな、と思う。

-------------------------------------------------
みなさん、おはようございます。
私はヤマダ幼稚園PTAのヤマダタヱです。

ゆり組、ふじ組のみなさん、本日はご卒園おめでとうございます。心より、お祝い申し上げます。

また園長先生をはじめ、先生方、職員の皆様には在園中は大変お世話になり、保護者の皆様、幹事、PTA役員の皆様にも、多大なるご協力を頂き、こうして無事この日を迎えられました。
心よりお祝い申し上げますとともに、厚くお礼をお申し上げます。

さて、卒園生のみなさん、みなさんは四月から小学生になります。
だから今日は、運動会やお遊戯会とは違って、少しだけ長く、ちょっとだけ難しい話をしたいと思います。

私はいつも、挨拶をその場で考えるのですが、今日はお目出度い日です。
だから、お話しを間違えるといけないので、珍しく紙に書いてきました。
できるだけ、わかり易く話をしますので、最後まで聞いてください。

みんなが大好きな歌に「みんなともだち」と言うのがありますね。
最初のところだけ、ちょっと一緒に歌ってみましょう。

「みんな ともだち
 ずっとずっと ともだち
 がっこう いっても
 ずっとともだち(イエー!)

 みんな ともだち
 ずっとずっと ともだち
 おとなに なっても
 ずっと ともだち」

はい、ありがとう。
私も、この歌が大好きです。
みなさんは、幼稚園に入園するまで、いつもお家の人と、ずっと一緒でしたよね。
そして、幼稚園に入園して沢山のお友達をはじめて作りました。
歌にもあるように、幼稚園のお友達と、

「いっしょに歌って
 いっしょに絵を描いて
 いっしょにお散歩して
 いっしょに大きくなりました」

卒園しても、そんなはじめて出来た友達と、これからもずっとずっと友達です。
私も幼稚園の時にはじめて出来た友達と、大人になってからも仲良くしています。
みなさんも、幼稚園で出会ったお友達を、これからも大事にしてください。

ところで、みなさん、大きくなるって、どんな事だと思いますか?
「みんなともだち」の歌は、中川ひろたかさんと言う人が作った歌です。
その中川さんは「おおきくなるっていうことは」という絵本を書いています。
有名な絵本ですから、多分みなさんも読んだことがあるかもしれませんね。

例えば、こんな事が書いてあります。

「おおきくなるっていうことは
 ようふくが ちいさくなるってこと

 おおきくなるっていうことは
 あたらしい はが はえてくるってこと

 おおきくなるっていうことは
 あんまり なかないってこと

 おおきくなるっていうことは
 おもしろいことが
 どんどん みつけられるってこと」

たしかに、大きくなるって、そういう事ですよね。
だけど大きくなるって事は、体だけじゃなくて、みなさんの心だって大きくなるって事なのです。
その絵本には、こんなことも書いてあります。

「おおきくなるっていうことは
 じぶんより ちいさなひとが
 おおくなるってこと

 おおきくなるっていうことは
 ちいさなひとに やさしくなれるってこと

 おおきくなるっていうことは
 そういうこと」

みなさんは、この一年間、年中さんや年少さんのお手伝いをしてあげたり、一緒に遊んであげたりして、体が大きくなるのと一緒にやさしい心も少しずつ大きくしてきました。
それは、自分の事だけじゃなくて、まわりの人の気持ちを考えて、自分以外の人にも、やさしく出来る様になったと言う事です。体だけではなくて、心も大きくなったのです。

小学校では、新しいお友達がまた沢山できると思います。そして、楽しいことが、いっぱい待っています。
だけど、時には楽しくなくて、怒ったり、悲しくなったりする事もあるかもしれません。
はじめてやる事が上手く出来なくて、自信を失くしたり、失敗して落ち込んだりする事もあるかもしれません。

でもね、最初から何でも出来る人なんて、いないんですよ。
大きくなることと同じように、少しずつ、ひとつずつ出来るようになるんです。
だからもし、楽しくない事が起きてしまったら、幼稚園に入ってはじめて出来た友達の事や、一緒に少しずつ大きくなって、やさしい心を持てる様になった事を思い出してみてください。

そして大きくなるって、一体どんな事なのかを、少しでいいから考えてみてください。
そしたらきっと、またひとつ大きくなることが出来ると思います。

絵本の最後の言葉を借りて、私から卒園生のみなさんへのお祝いの言葉にしたいと思います。

卒園生のみなさんへ、
「またひとつ おおきくなった
 おめでとう みんな」

これからも、みなさんが、ひとつずつ大きくなって、素晴らしい大人になれる事を願っています。
みなさん、今日は本当におめでとうございます。

平成二十二年三月二十日
ヤマダ幼稚園PTA会長 ヤマダタヱ
-------------------------------------------------

E3139735

E-3 + ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
--- 子供写真ランキングに参加してます ---

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2005