カテゴリ「子供、教育、受験関係」の7件の記事

2011/03/21

平成22年度卒園式祝辞と、地震にまつわるお話

 自分で言うのもあれだし、出鼻をくじくようで申し訳ないのだが、このポストや昨年度の祝辞原稿のポストを参考にされても、園児や先生方にうまく伝わるかどうかはまた別問題だ。

もちろん、話をするテクニックがあれば、それは可能だ。
しかし、テクニックは練習や場数を踏まなければ身に付かない。
それに、子供たちが本当に理解し話を聞いてくれるのかということになるとなおさら難しいものだ。

僕の場合は、普段の各種行事の挨拶の度に、単なる挨拶ではなく子供たちと会話をすることを心がけてきた。
特に今年の卒園生は、年中組のときから、僕が会長を2年間務めたので、子供たちは「会長さんは今日はどんな話をするのか?」といつも興味を持って期待してくれている。
僕が舞台や演壇に立つと、子供たちが「くすくす」と笑い出しそうな顔をしているくらいだ。

そんな子供たちとのやり取りがあったからこそ、突然のアドリブであっても、もみんな声を合わせて、大きな声で歌いだしてくれる事が出来るし、問いかけた言葉に敏感に反応して、自分たちの気持ちを伝えてくれる。

大事なのは、自分の言葉で語ることだと思う。
たとえ、稚拙な内容であっても、自分の言葉で精一杯語れば、皆ちゃんと話を聞いてくれるのだ。

ネットで調べた例文や、形式ばった挨拶なんて、参考にならない。
誰のためにするのかもう少し考えた方が良い。

卒園式の祝辞は、「先生や保護者や来賓」に向けて行うものではない。
卒園生に向かって、「彼らに伝えなくては成らない事を伝える」事なのだ。

よく考えてほしい、自分の体裁や保護者の手前や先生方に感心され、「すばらしい(無難な)スピーチでした」と言われる為にやるのではない。
園児たちが「僕たち私たち」たちに語りかけてくれた「お話」と感じてくれなかったら、意味が無いのだ。


**********
平成二十二年度 卒園式祝辞

 みなさん、お早うございます。
私は、ヤマダ幼稚園PTAのヤマダタヱです。

 卒園生である、ゆり組、ふじ組のみなさん、本日はご卒園おめでとうございます。
心より、お祝い申し上げます。

また、園長先生をはじめ、先生方、職員の皆様、在園中は大変お世話になりました、心より感謝申し上げます。
保護者の皆様、PTA幹事のお母様方、ならびに役員の皆様に置かれましても、多大なるご協力を頂き無事にこうしてこの日を迎えられました。みなさまへ心よりお祝い申し上げますとともに、厚くお礼をお申し上げます。

そして、このような情勢の中、他の幼稚園等では卒園式の中止もあると伺っておりますが、ヤマダ幼稚園に関しましては、本日こうして卒園式を挙行することを決断して頂けました事、保護者を代表しまして重ねてお礼申し上げます。


 さて、卒園生のみなさん、私が皆さんの前でお話しするのは、今日この卒園式が最後になります。
もう二度と、みなさんの前でお話しする事はありません。
そして皆さんもとても怖かった地震の事もあって、今日はどんな話をしようかと昨日の夜とても悩みました。

悩んで悩んで、考えて、今日皆さんに最後にお話しするのは「人の気持ち」についてのお話です。

それでは、みなさん、今の気持ちはどんな気持ちですか?

(やりとり、アドリブ)
小学生に行ける事が嬉しくて、わくわくしてるひとはいますか?
みんなとお別れするのが悲しくて、泣きたい気持ちのひとはいますか?
緊張してるけど、いつもと変わらないよ、というひともいますね。
ほかにどんな気持ちの人がいますか?

(実際には、どんな気持ちですか?の問いの直後に、ほぼ全員が「嬉しいです!」と答えたので、誘導質問アドリブw )

はい、色んな気持ちの人がいますね。

 卒園生の皆さんもそうですが、お父さんお母さん先生方、色んな気持ちの人が、今ここにいます。
では、そんないろんな気持ちのみんなが、あっと言う間に同じ気持ちになる方法があるので、ここでちょっと実験してみたいとおもいます。

いつも歌ってる、「みんなともだち」と言うのがありますね。
この歌はみんな好きですか?
はい、私もこの歌が大好きです。それを今ここで一緒に歌ってみましょう。

(出だしを歌う、園児が歌いだすまで)

 「みんな ともだち
  ずっとずっと ともだち
  がっこう いっても
  ずっとともだち(イエー!)

  みんな ともだち
  ずっとずっと ともだち
  おとなに なっても
  ずっと ともだち

  みんないっしょに うたをうたった
  みんないっしょに えをかいた
  みんないっしょに おさんぽをした
  みんないっしょに おおきくなった

  みんな ともだち
  ずっとずっと ともだち
  がっこう いっても
  ずっとともだち(イエー!)

  みんな ともだち
  ずっとずっと ともだち
  おとなに なっても
  ずっと ともだち」

はい、みんさん、ありがとう。

 歌ってみてどうでしたか?
卒園式で、会長さんと歌を歌うなんて、そんな練習してないのに歌って良いの?と不安な気持ちになりましたか?
なりましたね、そして、まわりの友達や先生の顔をみて、どうするの?歌っていいの?とドキドキした気持ちになったりしましたよね?

でも、思い切って歌いだしたら、皆と一緒に歌う事に、気持ちを集中しましたよね?
歌ってみてどうでしたか?楽しくて、嬉しかったですよね?

ここにいるみんなが、それまでバラバラに色んな事を考えていたのに、いつの間にか歌を歌うと言う事で、あっと言う間にみんなの気持ちが一つになりました、すごいですね。

気持ちが一つになるって言うのは、嬉しいし、とても楽しい事なんですね。


 今、ここにいる卒園生の皆さんはこの歌にもある様に、幼稚園に来て、みんな一緒に歌って、遊んで、そして一緒に大きくなりました。そして、特にこの一年間、年長さんとして、年中さんや年少さんのお手伝いや、お世話をしてあげたり、一緒に遊んであげたりと、自分の事だけじゃなくて、まわりの人の気持ちを、考える事が出来る様になりましたよね。

人のことを思う、いろんな気持ち。
例えばXXX先生や、XX先生、園長先生、お父さん、お母さんに喜んでもらおう、頑張るぞ!という気持ち。
今地震で困っている人達の為に、ボクやワタシが、いつもよりちょっとだけ我慢しなきゃいけないね、という気持ち。
お友達に手紙を書いて渡したらきっと喜んでくれるかな?と言う気持ち。

 そんな風に、自分の事だけじゃなくて、誰かの気持ちを考える事がみなさん出来るようになりました。
それって言うのは、体が大きくなっただけではなくて、心や気持ちも一緒に大きくなったということなんです。


 4月からの小学校では、新しいお友達がまた沢山できると思います。
そして、楽しいことが、いっぱい待っています。
だけど、時には楽しくなくて、怒ったり、悲しくなったりする気持ちになる事もあるかもしれません。
上手く出来なくて、自信を失くしたり、失敗して落ち込んだりする気持ちになる事もだってあるかもしれない。

 でも、最初から何でも出来る人なんて、いないんですよ。

だからもし、楽しくない気持ちになったら、幼稚園に入ってはじめて出来た友達の事や、みんなで一緒に少しずつ大きくなって、やさしい心や、人のことを思う気持ちを持てる様になった事を思い出してみてください。
そして今日、一緒にみんなで歌を歌って、みんなと気持ちが一つになって楽しく感じた事を思い出してみてください。

 私は、これからもみなさんが、毎日毎日、ひとつずつ、少しずつ大きくなって、楽しい気持ちや優しい気持ちを一杯持って、素晴らしい、素敵な大人に成れるように願っています。

 皆さん、私は今、皆さんがこうして幼稚園を卒園されて、新しい生活に進むこと、そのことで、とてもとても嬉しい気持ちで一杯です。

みなさん、今日は本当におめでとうございます。

平成23年3月19日
ヤマダ幼稚園PTA会長 ヤマダタヱ

********
19日に娘の卒園式と謝恩会を、予定日時でほぼ当初の予定通りに無事に終えることが出来た。
ここに至るまで、先日の地震を受け、中止や延期、内容の簡素化等さまざまな検討や調整に追われたけれども、なんとかほぼ全てを予定通りに実施することが出来てほっとしている。

開催への是非については、終わった今でも色々あると思う、しかし卒園式は、子供たちにとっては一大イベントだ。
園と協議を重ね、PTAとしても謝恩開催の是非についても協議した。

僕が、PTA会長として導き出した結論は以下の通りだ。

『可能な限り楽しい気持ちで、安定した日常と同じように、保護者、先生方と一緒の時間を過ごす事。それが地震の後で、今もなお日々不安な気持ちの中で過ごす子供達に対して、「大丈夫これから良くなっていくのだよ」と、安心させる事に繋がるものである』

現実として私たちに出来ることは、必要以上に萎縮し自粛することではなく、実施可能なのであれば物事を極力予定通りに行う事だと思う。
もちろん、被災し苦しんでいる人々が多くいるのだという事は、皆できちんと認識した上で、被災された方々のことを思う気持ちを持った上でだ。

このような考えに基づいて、先週の水曜日に謝恩会の実施を決断し園に伝えた。
園もほぼ同じ考えから卒園式を挙行していただけた。

謝恩会では、冒頭に開催の主旨説明を行い、被災者への黙祷をささげた。
結果的には、誰一人として異議を唱えるものは無かった。
誰もがみな、同じ思いで二つの行事を楽しみ、子供たちの成長を祝った。

E3191000

E3 + ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8

子供たちが大人になったときに、今回の開催の意味が分かる日が来ることを願わずにいられない。

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
--- 子供写真ランキングに参加してます ---

2010/03/20

平成二十一年度卒園式PTA会長祝辞

2011/03/21追記
今年度の祝辞もアップしました。
http://jake.synapse-blog.jp/blog/2011/03/post-d244.html

今年は例の地震もあって、原稿は難しいですね。
延期になったところもあると思うので、良かったらご参考まで。

参考にさせていただいた方、コメントもらえると嬉しいw


2011/02/26追記
今年もこの時期がやって来て、挨拶原稿に悩む方からのアクセスが急増してますこのエントリーw
打ち合わせなしで、園児に歌わせるってのは自分も泣く可能性が高すぎるので要注意ですよw

********
明日20日、娘の通う幼稚園の卒園式だ。

娘はまだ年中でなので卒園は来年なのだが、PTA会長なので出席して祝辞を述べなくてはならない。
普段の園の行事でも会長挨拶として何度か話をする機会があったのだけれども、これまで一度たりとも事前に話す内容を決めた事はなかった。

その場の雰囲気と、必ず会長の前に挨拶をする園長の話を聞いた上で、
マイクの前に立って話しながら考えるというのが多かった。
ありきたりの挨拶をするのが嫌だというのもあるけれども。

だって、自分が子供の頃どうだったか考えてみれば、聞いていてつまらない話は聞かなかったもんな。
そんなわけで、基本的にはいつも園児達に呼びかけ、挨拶や返事をさせると言う話の仕方をして来た。

でもさすがに卒園式でも、そのノリでは失礼かなとも思い、朝目覚めて骨子を考え、仕事前にざっくり大筋を書いて、昼休みと終業後の30分(正味一時間)で原稿を作ってみた。

ゆっくり読んで、6分強。
園児にとっては若干長いかもしれないが、子供達がこの話から何かしら感じ取ってもらえたらな、と思う。

-------------------------------------------------
みなさん、おはようございます。
私はヤマダ幼稚園PTAのヤマダタヱです。

ゆり組、ふじ組のみなさん、本日はご卒園おめでとうございます。心より、お祝い申し上げます。

また園長先生をはじめ、先生方、職員の皆様には在園中は大変お世話になり、保護者の皆様、幹事、PTA役員の皆様にも、多大なるご協力を頂き、こうして無事この日を迎えられました。
心よりお祝い申し上げますとともに、厚くお礼をお申し上げます。

さて、卒園生のみなさん、みなさんは四月から小学生になります。
だから今日は、運動会やお遊戯会とは違って、少しだけ長く、ちょっとだけ難しい話をしたいと思います。

私はいつも、挨拶をその場で考えるのですが、今日はお目出度い日です。
だから、お話しを間違えるといけないので、珍しく紙に書いてきました。
できるだけ、わかり易く話をしますので、最後まで聞いてください。

みんなが大好きな歌に「みんなともだち」と言うのがありますね。
最初のところだけ、ちょっと一緒に歌ってみましょう。

「みんな ともだち
 ずっとずっと ともだち
 がっこう いっても
 ずっとともだち(イエー!)

 みんな ともだち
 ずっとずっと ともだち
 おとなに なっても
 ずっと ともだち」

はい、ありがとう。
私も、この歌が大好きです。
みなさんは、幼稚園に入園するまで、いつもお家の人と、ずっと一緒でしたよね。
そして、幼稚園に入園して沢山のお友達をはじめて作りました。
歌にもあるように、幼稚園のお友達と、

「いっしょに歌って
 いっしょに絵を描いて
 いっしょにお散歩して
 いっしょに大きくなりました」

卒園しても、そんなはじめて出来た友達と、これからもずっとずっと友達です。
私も幼稚園の時にはじめて出来た友達と、大人になってからも仲良くしています。
みなさんも、幼稚園で出会ったお友達を、これからも大事にしてください。

ところで、みなさん、大きくなるって、どんな事だと思いますか?
「みんなともだち」の歌は、中川ひろたかさんと言う人が作った歌です。
その中川さんは「おおきくなるっていうことは」という絵本を書いています。
有名な絵本ですから、多分みなさんも読んだことがあるかもしれませんね。

例えば、こんな事が書いてあります。

「おおきくなるっていうことは
 ようふくが ちいさくなるってこと

 おおきくなるっていうことは
 あたらしい はが はえてくるってこと

 おおきくなるっていうことは
 あんまり なかないってこと

 おおきくなるっていうことは
 おもしろいことが
 どんどん みつけられるってこと」

たしかに、大きくなるって、そういう事ですよね。
だけど大きくなるって事は、体だけじゃなくて、みなさんの心だって大きくなるって事なのです。
その絵本には、こんなことも書いてあります。

「おおきくなるっていうことは
 じぶんより ちいさなひとが
 おおくなるってこと

 おおきくなるっていうことは
 ちいさなひとに やさしくなれるってこと

 おおきくなるっていうことは
 そういうこと」

みなさんは、この一年間、年中さんや年少さんのお手伝いをしてあげたり、一緒に遊んであげたりして、体が大きくなるのと一緒にやさしい心も少しずつ大きくしてきました。
それは、自分の事だけじゃなくて、まわりの人の気持ちを考えて、自分以外の人にも、やさしく出来る様になったと言う事です。体だけではなくて、心も大きくなったのです。

小学校では、新しいお友達がまた沢山できると思います。そして、楽しいことが、いっぱい待っています。
だけど、時には楽しくなくて、怒ったり、悲しくなったりする事もあるかもしれません。
はじめてやる事が上手く出来なくて、自信を失くしたり、失敗して落ち込んだりする事もあるかもしれません。

でもね、最初から何でも出来る人なんて、いないんですよ。
大きくなることと同じように、少しずつ、ひとつずつ出来るようになるんです。
だからもし、楽しくない事が起きてしまったら、幼稚園に入ってはじめて出来た友達の事や、一緒に少しずつ大きくなって、やさしい心を持てる様になった事を思い出してみてください。

そして大きくなるって、一体どんな事なのかを、少しでいいから考えてみてください。
そしたらきっと、またひとつ大きくなることが出来ると思います。

絵本の最後の言葉を借りて、私から卒園生のみなさんへのお祝いの言葉にしたいと思います。

卒園生のみなさんへ、
「またひとつ おおきくなった
 おめでとう みんな」

これからも、みなさんが、ひとつずつ大きくなって、素晴らしい大人になれる事を願っています。
みなさん、今日は本当におめでとうございます。

平成二十二年三月二十日
ヤマダ幼稚園PTA会長 ヤマダタヱ
-------------------------------------------------

E3139735

E-3 + ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8


にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
--- 子供写真ランキングに参加してます ---

2008/04/18

ラ・サール中の元生徒が提訴

昨年末に退学者出たよと「中の人」から聞いていましたが……。
基本的にあそこの学校は厳しいのですが、それは学校で子供達がやるべきことをちゃんとやって欲しいから。

だから、それに従わない、あるいは付いてこれないのであれば去らなくてはならないシステムになっています。
というか、やるべき事をちゃんとやりさせすれば成績も人格形成もちゃんと成果が出てくるところです。

ただやるべき事のハードルがそれなりに高いのは確かです。

が、そうでなければ「私立」である必要性は無いわけで今回の学校の処分はそれ相応の経緯があっただろうと思います。
また元生徒の住まいからすると、当然寮生だと思いますが、寮生は自宅生以上に学校側の目が行き届いています。どの生徒がどういう性格で学習意欲がどうなのか細かくチェック(フォロー)されていますから、今回の「自主退学を勧告されるに値するだけの何か」が有ったはずです。

(たとえば、話しは少し変わりますが「入学はしたけど勉強しない(していない)だろうという子」も実際います→これは毎月送られてくる考査毎の成績表の分布を見ていれば良くわかります)

経験的によくよく考えてみると、(今では)いじめに類されても仕方の無いもの、思春期の子供達にありがちな悪ふざけ等は、進学校であっても全く無いなんて私も思いません (そんなの自分が同年代のときにどうだったのか?あるいは周りがどうだったか?を思いかえしてしてみれば良くわかります)。

ただ、学校も長年(この子の祖父が卒業生であっても全くおかしくない年数)にわたり、時代の変化を見ながら子供達を教育してきた実績がありますから、今回間違った判断はしていないだろうと思います。

外野が憶測だけで騒ぐのもあれですが、「提訴」するためのエネルギーとリソースを別の方向に向けた方が良いのではないかと私は思ったりします(私がこの生徒の保護者ならそうさせるだろうと思うので)。

2006/04/10

遅ればせながら入学式

2006apr

【写真】
4月4日は兄の入学式@ラサール(鹿児島)。4月6日は弟の入学式@東京。※いづれも、個人情報保護の為一部画像修正有り。

3月末の北米出張の前から、ばたばたの極みでしたが今日は久しぶりに自宅で予定もなく休日を過ごせました。ホントに久しぶりにどこにも出かけず家で掃除などを(笑)。

あ、昨日は知人の息子さんの個展@銀座に足を運びました。小さいときの絵からなんとなく知っていますが、成長著しくナカナカ良いので今後に期待です。

↓ここ(朝倉景龍展)
http://www.vanilla-gallery.com/gallery/asakura/asakura.html

2006/02/04

麻布中の

入学手続きが本日なのですが、本人の意向でラ・サールに決定しますた。

まぁしかたあるまい。
でも、将来「麻布に行っていれば」などと後悔を口にしたら、親としては殴るぐらいしかないでしょうな(笑)。

ひさびさに休日を家で過ごしております。
どのくらいまともに休日を迎えられなかったのか改めてカレンダーを見てみると、正月休み以来です(遠い目)。

……疲れるはずだ。

先週末の社員旅行が一番こたえました。そろそろ風邪ひくかな?と不安になる今日この頃。
来週木曜からまた中国です、あー、もー行きたくねー。

2006/02/03

中学受験戦況報告

某やました氏の名前に懐かしいなーと思いながら、
トラックバックの為再編集(笑)。
そうかもう10周年なのだねー。

--------------本文ここから--------------------------
0107 「函館ラ・サール中」 (前期)
日能研R4 偏差値 61 ----> 不合格
http://www.hakodate.or.jp/school/la-salle/
本人も周りも予想に反して不合格でした(笑)。
問題傾向からすると合格しているはずなのですが、ケアレスミス
連発と思われ。

0127 「ラ・サール中」 
日能研R4 偏差値 62  ---->  合格
http://www.lasalle.ed.jp/
函ラ不合格に納得がいかなかったらしく、しばしグズグズ言って
いましたが、自分の能力が足りなかった事を認識させた上で、
試験6日前から強制的に義父母宅へワイフ(他、弟妹)共々帰省させ
試験に臨みますた。理科の問題が苦手範囲でなかった事もあり無事合格。

0201  「麻布中」
日能研R4 偏差値 67  ----> 合格
http://www.azabu-jh.ed.jp/
関東御三家麻布は、国語の傾向が本人向きだったのでシャレで
受験させてみました。理科も社会も問題も国語の問題みたい(本人談)で
手応え通りの結果だったようです。

このあと、0205 に函ラ(後期)(日能研偏差値60)のリベンジが
控えていますが、おそらく問題が本人向きではなく不合格が予想されて
いますがどうなる事やら。

##後日追記:函ラ(後期)も合格でリベンジ果たしました。###

偏差値だけで言うと、麻布中を選ぶべきですが本人は
ラ・サールが第一志望。麻布合格も本人は嬉しくなさそうな様子(笑)。
周りからの「麻布に行かないなんて勿体ない」のプレッシャーに対して、
果たして屈する事なくラ・サールを選ぶのかどうかが見物です。

それはさておき、これから6年間の学資をどうやって捻出しましょうかね(遠い目)。

2006/01/07

On seeing the 100% perfect girl one beautiful April morning.

一番上の子が、本日函館ラ・サール中 の前期試験を受験。

本人の手応えと、回答できなかった問題数から、国語 90 算数 75 社会 47 理科 45 位が本人予測の得点。
257点/300満点 でおそらく合格者最高点という事になりそうな感じですが(笑)、僕の読みでは243点 ぐらいじゃないかと推測。

まぁそれでも十分な数字。

科目が終わるごとに保護者控え室に掲示される問題を見ると、国語の現代文は村上春樹の 「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」 でした。

出典は、「カンガルー日和」ではなく「象の消滅」となってました。
短篇選集 1980-1991 ですな。

短くわかりやすい構成なので選ばれたと思うのですが、春樹好きにとってはなかなかいい感じの中学受験出だしでした(笑)。

月末には、本命の「校名に函館がつかない」ほうの受験で鹿児島行きです(そのまえに中国に2回出張ですが(遠い目))。

初回の実力から言うと、国語が難問の「麻布」も合格射程圏内に入った感じで、記念に受験させようかとワイフは申しております。

あー、金がいくらあっても足りません。
合格したら祖父母に金銭援助のお願いにもいかなくてはだし。
収入が増えた分、確実に消費、金は天下の回りものと言いますが、全くその通りだなと思う今日この頃。

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2005