カテゴリ「オリンパス関係」の28件の記事

2008/12/18

E-3 の次回ファームウェアアップデートのお知らせ

「コントラストAF対応」はしてくれないんですね(しくしく)、っていうか、やっぱ無理なのかなぁ。

http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/DI/Info/oes/if20081218.cfm

以下引用

 > 平素よりオリンパスデジタル一眼レフカメラ E-3 をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
 >
 > 2009年2月中旬に、E-3 で下記の内容を修正したファームウェアアップデートサービスを予定しております。
 > ファームウェア公開時には是非アップデートしていただきますようお願い申し上げます。
 >
 > 次回ファームウェアバージョン
 > Ver 1.3
 >
 > 次回ファームウェアの修正内容
 > [ カスタムメニュー1 ] [ ボタン/ダイヤル ] に十字ボタンで AFポイントを
 > 切り替える [  ボタン機能 ] のメニューを追加します。
 >
 > パワーバッテリーホルダー HLD-4 使用時のシーケンスを見直して電源チェックをより安定化させます。

引用ここまで


Pc142523

E-420 + ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
--- 子供写真ランキングに参加してます ---

2008/08/05

「マイクロフォーサーズシステム」

four-thirds.org
・マイクロフォーサーズのベネフィット
http://www.four-thirds.org/jp/microft/

www.olympus.co.jp
オリンパスイメージングと松下電器
フォーサーズシステム規格の拡張規格「マイクロフォーサーズシステム規格」を策定
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2008b/nr080805fourthirdsj.cfm

ファインダーを捨てて Live View 撮影専用となる模様、E-330 の後継機はこれで来る?

four-thirds.org のフラッシュに出てくる 4:3 / 16:9 が意味深ですなぁ、Micro four thirds 規格はデフォルトでそういうことなのかしらやはり。
1:1 のスクエアも撮れるようになると面白そう。

追記:Micro four thirds のホワイトペーパー(規格概要)にハッキリ書いてありました。

 ●マイクロフォーサーズシステムのアスペクト比対応
 将来の動画対応も見据えた16:9 のスペクト比も包括
 イメージサークルに対して記録や処理が可能な矩形の水平方向と垂直方向の長さの比をアスペクト比(有効画素対角長)と呼ぶが、
 マイクロフォーサーズでは将来の動画対応も見据えて、フォーサーズ規格が定める4:3、3:2、16:9 を含む撮影画面サイズに対応させている。

1:1は無いみたいですが、4:3だけではなく、3:2 / 16:9 もデフォルトですね、Pana からのテクニカルフィードバックですな。

2008/05/19

フォートラベル〜なんと30名様に!E-420 プレゼント&モニターキャンペーン

フォートラベル
なんと30名様に!E-420 プレゼント&モニターキャンペーン

以下、引用

「モニター募集内容」

• 「E-420体験モニター」に選出された方にはフォートラベルとのモニター契約に同意いただいた上で、オリンパスイメージング株式会社協力により、オリンパス製デジタル一眼レフカメラ「E-420」及び下記プレゼント内容をフォートラベルより無償で貸与いたします。
• 2008年12月末までご利用いただき、E-420を持って、旅行に出かけていただき、E-420で撮影した画像にて旅行記を作成いただきます。
• モニター選考は、下記アンケート内でお書きいただく「旅と写真」をテーマにした文章を基準に、フォートラベル モニター事務局内で公正な審査の上決定いたします。
• 下記募集条件を満たされたモニター当選者は、なんと貸与したオリンパス「E-420」をモニター期間終了後、そのままプレゼント!!

「募集条件」
• フォートラベルのトラベラー会員であること
• 期間中に毎月1回以上、E-420 で撮った画像で旅行記を投稿していただける方。
• 旅行記を作成後、すぐにフォートラベルモニター事務局にご連絡いただける方。
• モニター期間中、フォートラベルより送られるアンケートにお答えいただける方。
• モニター当選後、住所確認のため身分証明書をご提示いただける方。

2008/05/13

E-420 には SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM と ZD 25mm F2.8 どっちがいいのか?

*****
そのまえに、噂通り E-520 が発表になりましたね。ついでに、スタンダードレンズですが、
広角ズームの ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 まで。コンパクトさより、手ぶれ補正が必須ならやはり
E-520 でしょう(E-3 と E-420 の2台でなんて事しなくてすみます)。もちろん、イメージャーが違うのでやはり絵が違うんですけど、ほぼ E-420/520 でも同様の絵になります。
*****

前々から考えていた SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM についてコメントを頂いたので、せっかくなので本文で回答してみます。

「E-420 へのベストチョイスはどっちなのか? 結論から言うと個人的には ZD 25mm F2.8。」

正直なところ E-3 を手に入れたあと色々考えていて、もし ZD 25mm F2.8 の発表がなければ SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM 導入してそれを機に E-410 は処分。そしておそらく SIGMA DP-1 をサブ機に迎えていたはず(笑)。

しかし、ZD 25mm F2.8 がいきなり発表になり、挙句の果てには E-410 をE-420 に買い換えるこになってしまった。E-3 メイン E-420 サブの位置づけ、おもいっきりオリンパスの罠に嵌ってしまっているわけですが……。結局私自身としては E-420(E-410)に求めているのは「コンパクトで小さいことと軽いこと」であり、それは「ボケや明るさ」に勝るわけです。

実際に E-3 導入前 の E-410 一機体制のときも軽さ優先で SIGMA 30mm ではなく ZD 35mm F3.5 Macro をほぼメインレンズにして使っていたぐらいですから(もちろん、SIGMA 30mmより安いしってのもあった(笑))。

------

ただ、上記は E-3 がメインで E-420 がサブと言う私の位置づけだからそう言う使い方になるわけでして、E-420 だけを使う事、そして取りたい写真(子供+背景ボケ)を考えると、どっちをチョイスするか。

「子供撮り、ボケ必須の条件があれば、買うのはやはり SIGMA 30mm です。」

…… と言い切ってみましたが、その場合でも結局私は ZD 25mm F2.8 も買うとおもう(笑)。

で、ボケ以外に SIGMA 30mm を買う理由はというと、
 手ぶれ補正の無い E-420 では SIGMA 30mm F1.4 の明るさがやはり魅力的。特に子供撮りで多い室内撮りを考えると、同じ明るさでこのレンズを超えるのは LEICA D SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. のみ(でも高い!)。

つぎ、結局 ZD 25mm F2.8 も買ってしまう理由。
 最短撮影距離が 20cm(SIGMA 30mm は 40cm SUMMILUX 25mm は38cm、寄れるのは私的には強みというか、寄れるのはいいですよ!)。それから焦点距離が 25mm(35mm 換算でいわゆる標準レンズ 50mm になる)。やはり小さくて軽い!(95gしかないです、30mm は 400g、ちなみに E-420は 380g)。でもって、ライブビューのときコントラストAF/ 顔認識が効く(コントラストAF非対応の他のレンズでもハイブリッドAFでほぼピントが合っている状態にはなる)。

-----

ところで、ZD 25mm の「軽いと寄れる」を購入条件から除くと、実は SIGMA 30mm ではなく SUMMILUX 25mm が本命レンズでは無いか?となってしまいます。

その名の通り、焦点距離 25mm、F1.4の明るさと描写力のすばらしさ。おまけにE-420 のコントラストAF/顔認識対応!でも、先にも書きましたが、高いのがネックなのです(笑)。

今の実売再安価格(参考、kakaku.com)で調べてみましたが、
 SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM フォーサーズ ¥39,000.-くらい。
 ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 ¥34,000.- くらい。
 LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. ¥89,000.- くらい。

二本買ったつもりでも、SUMMILUX 25mm はちょっと高いです。でもって、SUMMILUX 25mm とZD 25mm は同じ焦点距離であるとはいえ、使い方で「棲み分け」が出来てしまうので結局 ZD 25mm F2.8 は買ってしまうことになるかな、と(笑)。

…… えーと、参考になるのかならないのか、結局わからない記事になってしまいました(汗)。

2008/04/21

E-410 から E-420 へのアップグレードは1万2千円也。

12日ぶりに帰国しましたよ。

発売日に届いた ZD 25mm F2.8 で散歩スナップと意気込んでいたのですが発売日は中国でした。
まぁ日本(東京)も天候が悪かったみたいで、実際には撮影どころじゃなかったかもしれませんが。

その反動ではないですが、見送るかと思われた E-420、先ほど導入してしまいました。出張中からずーっと気になっていて「はたしてアップグレードするだけの価値があるのか?」とずーっと考えていたのですが(中国では巡回先のブログにはほとんど全部繋がらなかった(とくにexblog)ので他人の評価を見る事が出来なかった)、帰国後ざっくり調べてみると「アップグレードの価値有り」とわずか30分足らずで判断。

で、昼休みに買い取り先と在庫有りで最安そうな店を調査し、夕方1時間ほど早引して秋葉原へ。
まずは E-420 を目をつけていた秋葉原エレクトリックパーツで 5万円ポッキリで購入!

その後、E-410 と ZD 35mm F3.5 Macro を買い取りに出して、実質1万2千円で E-410 から E-420 へアップグレードしてしまいました。ZD 35mm F3.5 Macro は手放したら後悔するかなーと思いながらも、ZD 50 F2.0 Macro があるから良いじゃないかと思い切りました。
じっさいマクロ使いよりもスナップ用に使う機会が多かったし、ZD 25mm F2.8 も来たので出番が減るだろうからと言う判断ですが、早まったかな。

で、ざっくり使ってみた感じ E-410 から E-420 への買い替えは十分に価値有りだと思いました。オリンパスが1年でマイナーチェンジした理由も分かる気がする。てか、これがボディだけとはいえ5万で買えるのってどうなのよ、うーむ。

肝心の写真の UP は後日。

2008/03/06

ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 発注完了

何気に昼休みにオリのオンラインショップを見に行ったら、キャンペーンでオーダー可能になってますたよ! ZD 25mm F2.8 もちろんサクッとポチッと押しますた。

ちなみに、
希望小売価格:税込49,875円
オンラインショップ価格:税込39,900円
プレミア会員5%割引:税込 37,905円
------------------------------------------------------------
割引ポイント使用:-7,581円
お支払い金額合計:30,324円

となりました、しかし割引ポイントの使用は購入価格の15%上限だったとおもうのですが、これだと 30,324/37,905=0.8→ 20%引です(プレミア会員割引まで入れるとざっくり25%引)。
オリンパスオンラインショップの割引ポイントを持ってないとあれですが、これなら量販といい勝負ですなー。

2008/03/05

ZUIKO DIGITAL 25mm F2.8 と OLYMPUS E-420

25mm (35mm換算50mmの標準レンズ) が出るとうわさされていましたが、パンケーキレンズが出ましたよ。
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/accessory/lens/25_28/index.html
これでもうあたしの E-410 標準レンズは ZD 35mm F3.5 Macro からこのパンケーキに変更です。
本体とのセット重量も70g減でさらに本との世界最小最軽量一眼レフになります。

ついでに E-410の後継機 E-420 も出ましたね。
ほんでもって、なにげに嬉しいこれも一般販売開始です。
E-420はE-410から比べてマイナーチェンジ+VAですからお買い得です。

さっそくレンズをオンラインショップでオーダーしようかと思ったのですが、既に品切れです(ぶー)。

2007/11/17

E-3 発注完了

来週から中国出張なので、先ほどポチっと発注ボタンを押した。
OLYMPUS E-3

発注金額はオリンパスオンラインショップ価格の ¥199,800 からプレミア会員割引 5%でまず¥189,810.-。
それに オンラインショップのポイント利用 ¥21,016で、¥168,794.-でした。

オリンパスのオンラインショップは、計算上支払い金額の15%までポイントが使える(¥28,472 = ¥161,338.-になる!)のだが、あと 7000 ポイント集めるには時間が足りないのでこの辺でいいかと判断した。

価格.com で今日現在の最安値は¥179,938.-
秋葉原エレクトリックパーツで¥168,500.- で予約入れた人も居る。
ただこれならばうちから秋葉原往復の電車代まで入れて計算すれば自宅まで無料配送してくれるオリのオンラインショップの方が6円安い(笑))。

予約買いならまぁそこそこ良い値段で買えたのではないかと思う。
あとはいつ届くのかだが、E-410 の時と同じ構図だとすれば、オンラインショップで発売日(23日)直前の今日現在も予約を受け付けているからには、さほど待たされる事はないだろうと思う(多分)。
E-410 の時は、発売日後の予約からは、たしかオンラインショップでもしばらくの間は1〜2ヶ月待ちになったはずだ。

ちなみに、11月末を持って正式に定年退職する父親は、NIKON D300 AF-S DX VR18-200G L-kit を先日発注したと連絡してきた。
NIKON D300 AF-S DX VR18-200G L-kit 価格比較
発売日は同じ23日です、どっちが先に届くのか。

2007/11/10

OLYMPUS E-3 買う!

仕事が忙しすぎてブログでは触れずにいたのだが、先日小川町のオリンパスプラザで実機を触ってきた。
本当は体感フェアに行くつもりだったのだが、人ごみが嫌いなのであえていかなかった。小川町のプリプロ品で十分だ。
とはいえ、量産機とはいろいろ違うのだけれども結論から言うと E-410 の時と同じだ、触らなきゃ良かった。

OLYMPUS E-3 (America)
E-3 PV

予約こそまだしていないが、結局買うのだ、やれやれ。
オリンパスのオンラインショップのポイントとプレミア会員割引5%を駆使しても現時点で出回っている最安値(16万円台)には少し届かないので、せっせと Fotopusトラベルフォトミュージアムに投稿してポイントを稼いでいる(1枚投稿して採用されれば100円だ)。

「値崩れするまで待てば?」と言う声も聞こえてくるのだが、こういうものは嗜好品であるからして「欲しい!と思った時」が買い時なのだ、安かっただの高かっただのはあまり意味がない(全くない訳ではないので、ポイントをせっせとためているのですが)。

------------------------------------------

オリンパスの「フラッグシップ」は他社の「プロ機」と比較され「プロ機じゃない」などと揶揄される訳であるが、35mm 銀塩一眼レフの代替えとして、4/3 規格を提唱し理にかなったシステム構築をオリンパスは続けている。

実際のところ、このオリンパスのフラッグシップモデル(=プロ機)は価格帯や性能が同等とされる他社中級機のカテゴリーにくくられてしまう訳だが、それでもやはり「デジタル専用設計」の思想はたとえ入門機の E-300 や E-410 を使っていると毛色が違っているのを感じるし愛着もわいてくる。
実際、 Yodobashi あたりでライバル機とされるカテゴリーの商品を殆ど全部触ってから E-3 を触りにいったのであるが、やはり違うのだ。

------------------------------------------
「安ければ良い」「カタログ値が凄い」「みんなが持ってる」「メジャーである」と言うのは僕の中ではあまり意味がない。自分が試してみて納得出来るものでなければ。

価値観というのは人それぞれなのだけれども、大事なのは自分が求めるものは何なのかをハッキリ理解した上で選択する事だと思う。もちろん、資本主義経済下に居る我々は「売れなければ」意味が無いのだけれども。それでも開発費をペイ出来て少しでも利益が出れるのであれば、「明確な思想」に拘った独自性のある商品と言うのは作り続けるべきではないかと思う。少なくともそれを求める消費者が居る限りは。

こういう事を書くと「良いものは売れるからメジャーで安くなって皆が持っている、だから売れてないものは駄目なんだ」的なことを言う人が殆どだと思う。
まぁそういわれて、「間違ってはいないと思う」部分がある。でもそれは「メジャーになっている価値観の押しつけ」ではないか?別にカメラに限った話ではなく、全てのモノに言える事だけれども。

そう言う意味で、今の所 「35mm 銀塩一眼レフ」 の代替えとして僕に一番しっくりくる「デジタル一眼レフ」は、やはり OLYMPUS の製品だし、そういう製品を作り続けてくれる会社に今後も期待したい。

2007/08/10

OLYMPUS E-1 後継機

OLYMPUS E-SYSTEM Passion for Best 「フラッグシップQuality」 が更新された。
http://olympus-esystem.jp/special/passion/

「Live View」と「手振れ補正」は予想通り、でもって関連特許が出されたいた「接眼ファインダーの大型化」が実現する模様。

更新ブログ

Powered by Six Apart
Member since 04/2005